メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

芝公園付近を走る井上大仁=東京都港区で2019年9月15日、小川昌宏撮影

 東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする五輪本番とほぼ同じコースで行われ、男子4強の一角と目された昨夏のアジア大会優勝の井上大仁(26)=MHPS=は2時間22分10秒と振るわず、完走した27人で最下位だった。

 「なぜか分からない」。レース後、ぼうぜんとした様子で言葉を絞り出した井上。ショックの大きさをにじませた。

 スタート時は「充実した気持ち」で走り出したが、体が思うように動かない。「前半からきつかった。もどか…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです