メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 高校スポーツの在り方 「玉砕の美学」に決別を=友添秀則

 この夏、高校野球では、岩手・大船渡高の佐々木朗希投手が地方大会決勝で登板回避したことや球数制限の導入について、さまざまな意見が出ました。日本人とスポーツの関係性を問いかける事象です。これまでの日本スポーツ界は燃え尽きるまでやることが称賛されてきましたが、東京五輪を翌年に控えた今こそ、スポーツを生涯楽しむ「持続可能性」の発想こそが重視されるべきです。

 日本のスポーツには、明治時代以来の「欧米に追いつけ、追い越せ」という富国強兵の名残があり、軍隊と部…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです