メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラリンピック種目「こん棒投げ」 都立工芸高生がこん棒を製作 形状に一定の自由度

こん棒投げの様子。座った状態であれば、選手は自由なフォームで投げられる=日本パラ陸上競技連盟提供

 東京都立工芸高校(文京区)の定時制で学ぶ生徒たちが、2020年東京パラリンピックの陸上のこん棒投げ種目に使うこん棒を製作している。来年の夏、校名のロゴが刻まれたオリジナルのこん棒が東京の空に舞うことを目指し、選手がより使いやすい道具作りに打ち込んでいる。

 製作を担うのは、定時制のインテリア科4年の男女15人。7月から月曜にある「課題研究」の授業などを使って作業を進めている。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会から話が舞い込んだのは昨秋。競技用のこん棒を製造するメ…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです