メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン 大迫「待つなら待つで大変なこと」 五輪3枠目巡り、レース出場悩む

MGCでも使用したナイキの「ズームエックス・ヴェイパーフライ・ネクスト%」を手にする大迫=東京都内で2019年9月17日、小林悠太撮影

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(15日)で3位になり、今後の動向が注目される大迫傑(ナイキ)が17日、東京都内で報道陣の取材に応じ、代表最後の3枠目を争う国内レースについて「待つなら待つで大変なこと。出るなら出るで覚悟して臨まないといけない」と揺れる胸中を吐露した。

 3枠目は12月~来年3月の国内3大会(福岡国際、東京、びわ湖毎日)で、大迫の日本記録より1秒速い2…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです