メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川井友香子が銅メダル獲得 姉妹で東京五輪代表に決定 レスリング世界選手権

[PR]

 レスリングの世界選手権は第7日の20日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで行われ、女子62キロ級の川井友香子(至学館大)は3位決定戦でリム・ジョンシム(北朝鮮)を破って銅メダルを獲得した。日本協会の選考基準を満たし、東京五輪代表に決まった。57キロ級の姉梨紗子(ジャパンビバレッジ)に続き、五輪切符を獲得した。62キロ級の代表も決まったことで、五輪4連覇中の57キロ級、伊調馨(ALSOK)は階級変更の選択肢も事実上なくなった。

 68キロ級の土性沙羅(東新住建)、男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)は3位決定戦で敗れ、今大会での五輪代表入りを逃した。2人は五輪代表枠は獲得したため、12月の全日本選手権に優勝すれば、五輪代表に決まる。

 フリー74キロ級の奥井真生(自衛隊)は4回戦で敗れ、敗者復活戦に回った。125キロ級の荒木田進謙(athletic camp LION)は初戦敗退。五輪で実施されない階級の70キロ級の志賀晃次郎(拓大)と92キロ級の大津拓馬(山梨学院大)はともに3回戦で敗退した。【ヌルスルタン倉沢仁志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです