メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

五輪とその時代 1968年メキシコ サッカー日本初メダル

サッカー(日本・メキシコ3位決定戦)前半18分杉山隆一からのセンタリングを受けた釜本邦茂が中央からシュートを決め先制点をあげる。日本は2-0でメキシコを降し銅メダルを獲得した=メキシコ市のアステカ・スタジアムで1968年(昭和43年)10月24日、阿部三郎撮影

 第19回メキシコ大会は、112カ国と地域から約5500人の選手が参加し、1968(昭和43)年10月12日から27日まで開かれた。日本からは183人の選手が参加し、金11、銀7、銅7、計25個のメダルを獲得した。日本では大会期間中に川端康成さんのノーベル文学賞受賞が発表され、12月には東京都府中市で「3億円事件」が発生した。

 開催地のメキシコ市は海抜2240メートルという高地のため、長丁場の競技では酸素不足になる選手が続出…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです