メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪、聖火ランナー倍率100倍超 22人、12月以降決定 /長野

 2020年東京五輪の聖火リレーで、県実行委員会が来年4月2、3日に県内を走る聖火ランナー22人を公募したところ、2328人の応募があった。倍率100倍超の「狭き門」をくぐり抜けた当選者には、12月以降に当選の連絡がある。

 実行委は長野にゆかりのある人を対象に、7月1日~8月31日に希望者を募ってい…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです