メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング 世界選手権 川井友が銅、姉妹で五輪

 レスリングの世界選手権は第7日の20日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで行われ、女子62キロ級の川井友香子(至学館大)は3位決定戦でリム・ジョンシム(北朝鮮)を破って銅メダルを獲得した。日本協会の選考基準を満たし、東京五輪代表に決まった。57キロ級の姉梨紗子(ジャパンビバレッジ)に続き、五輪切符を獲得した。62キロ級の代表も決まったことで、五輪4連覇中の57キロ級、伊調馨(ALSOK)は階級変更の選択肢も事実上なくなった。

 68キロ級の土性沙羅(東新住建)、男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)は3位決定戦…

この記事は有料記事です。

残り2598文字(全文2862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです