メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あのピンクは何だ」MGCの謎のシューズ 代表権得た男女3人履く

MGCで選手が履いていた厚底シューズ(右)と一般的なレースシューズ(左)=東京都千代田区のスーパースポーツゼビオ東京御茶ノ水本店で2019年9月18日午後4時26分、川崎桂吾撮影

 15日にあった東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、選手たちの「足元」に注目が集まった。多くの選手が同じピンク色のシューズを着用していたからだ。あれは一体何だ?【川崎桂吾】

 注目のシューズは、ナイキの「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」。いわゆる「厚底」の最新モデルだ。MGCでは男子の出場選手30人中16人が着用。2時間11分28秒で優勝した中村匠吾(富士通)をはじめ、代表権を得た男女4人のうち3人が履いていた。

 マラソンでは足の力が地面に伝わりやすい「薄底」が常識だった。厚底はクッション性に優れているが、スピ…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです