メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪聖火ランナー 県内1036人応募 12月ごろ23人決定 /鳥取

 2020年東京五輪の聖火ランナーの県内の応募状況を県実行委がとりまとめた。23人の公募人数に対し、総数は全19市町村で1036人だった。募集期間は8月31日までの2カ月間。

 県実行委事務局の県スポーツ課によると、市町村ごとの受付人数など詳細は非公表だが、老若男女、障害者、外国人などさまざまな人から…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです