メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サニブラウン、男子100メートルで堂々のV宣言 「死力を尽くせば優勝が見えてくる」(スポニチ)

[PR]

世界陸上 27日開幕

 27日に開幕する陸上の世界選手権に出場する日本代表が25日、カタール・ドーハ市内で記者会見を行った。大会初日に予選が行われる男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(20=米フロリダ大)は「優勝する勢いでやっていければと思う」と金メダルを見据えた。

 17年ロンドン大会は準決勝で敗退したが、2年の時を経て表彰台に手が届くほどの成長を実感している。ベストタイムではトップの2、3人が抜けているとも分析したが「正直、決勝ラインに立てば何が起きてもおかしくない。死力を尽くせば優勝が見えてくるし、その場面で自分の走りをしたい」と話した。

 今大会は200メートルを回避し、100メートルと400メートルリレーのみの出場。「(3種目出場すると)練習を再開するのに良いスタートが切れない。次に備えるためですね」と東京五輪に向けたプランであることを明かした。「準備状況に関してはボチボチ。あとはやるだけかな、と思います」と出陣に向けてリラックスした様子だった。 (スポニチ ドーハ・河西 崇)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです