メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪チケット抽選 不正ID3万件 6900枚購入発覚

ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア=東京都新宿区で、曽根田和久撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、五輪チケットの第1次抽選販売で、虚偽の個人情報に基づいてIDが不正に約3万件取得され、うち約1200件で当選して約6900枚が購入されたと発表した。購入額は総額1億8000万円相当で、海外の犯罪グループによる転売目的の可能性が高いとみて警視庁に報告した。

 1次販売は5月9~29日に申し込みを受け付けた。事前にメールアドレスや住所、氏名などを入力し…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです