メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

男子400メートルリレー 日本は「銅」37秒43アジア新で 世界陸上

男子400メートルリレー決勝で3位となり、喜ぶ(左から)第1走者の多田修平、第2走者の白石黄良々、第3走者の桐生祥秀、アンカーのサニブラウン・ハキーム=カタール・ドーハで2019年10月5日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権は第9日の5日、ドーハで男子400メートルリレー決勝が行われ、日本(多田修平=住友電工、白石黄良々=セレスポ、桐生祥秀=日本生命、サニブラウン・ハキーム=米フロリダ大)はアジア新記録の37秒43で2大会連続の銅メダルを獲得した。8位以内に入って来年の東京五輪の出場権も獲得した。これまでの日本記録は銀メダルだった2016年リオデジャネイロ五輪決勝で出した37秒60だった。米国が37秒10で優勝し、英国が37秒36で2位。

 日本は第1走者を精彩を欠いていた小池祐貴(住友電工)から多田に前日の予選と入れ替えて臨んだ。第2走…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです