メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

多様性と調和/7 熱で伝える女性監督 柔道ブラジル男子率いる日本人

柔道世界選手権の男女混合団体戦でブラジルを銅メダルに導き、選手をたたえる男子代表監督の藤井裕子さん(左)=東京・日本武道館で9月、喜屋武真之介撮影

 異国の地で男子代表を率いる異色の女性柔道家がいる。愛知県大府市出身でブラジル男子代表監督の藤井裕子さん(37)だ。きめ細かく情熱的な指導で、母国で開かれる東京五輪に向け奮闘している。

 「ベイビー」。藤井さんの呼びかけの先にいるのは、男子100キロ超級で五輪2大会連続銅メダル中のラファエル・シルバ選手(32)だ。203センチ、160キロの屈強な体にして誰もが警戒を解く童顔なことから藤井さんが名付けた。多くの選手を愛称で呼ぶのは距離を縮める工夫でもある。ただ指導に熱がこもってくると、ブラジル生活6年余りで覚えたポルトガル語に身ぶり手ぶりを交えて「熱で伝える」。そんな藤井さんを選手たちは敬意を込め「センセイユウコ」と呼ぶ。

 五輪メダリストを輩出する大府市の名門・大石道場で5歳の時に柔道を始めた。中学3年で全国2位になるな…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです