メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

多様性と調和/8 難民のロールモデルに 南スーダン出身「自分たちもやれる」

 東京五輪の難民選手団の候補37人中、最多の18人を占めるのが、2011年にスーダンから分離独立した南スーダン出身者の選手たちだ。「難民は『かわいそう』と同情されるだけの存在じゃない。チャンスさえあれば、自分たちだってやれる」という彼らは、難民らの「ロールモデル(お手本)」となるべく、メダルを狙う。

 男子陸上800メートルのイエチ・プル・ビエル選手(24)は「人生で泣いたのは2度だけ」という。最初は05年に内戦で故郷の村が焼かれ、母親と生き別れたとき。もう一度は16年リオデジャネイロ五輪の開会式でのことだ。

 10歳でケニア北部のカクマ難民キャンプへ。暑く乾いた土地で、将来のあてもなく、不満を募らせる日々。…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです