メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

レガシーの創造者たち/4 ギソクの図書館・遠藤謙代表理事 「走りたい」をサポート

「ギソクの図書館」が開催している月1回のスポーツ義足体験会でトラックを走る子供たち=東京都江東区の新豊洲Brilliaランニングスタジアムで2019年9月16日午後3時20分、高橋秀明撮影

 スポーツ義足を体験できる「ギソクの図書館」(東京都江東区)が15日でオープンから2年を迎える。代表理事を務める義足開発会社「Xiborg(サイボーグ)」社長の遠藤謙さん(41)は「障害の有無にかかわらず走ることが普通になるような社会であってほしい」と願う。【高橋秀明】

 9月中旬、屋内トラック施設「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」で行われた月1回のスポーツ義足の体験会。スタジアム内の「ギソクの図書館」にあるスポーツ義足を装着した中学生ら十数人が、併設された全長60メートルの陸上トラックを風を切って走る。さいたま市の中学1年、松永琴寧(ことね)さん(13)は「普通の義足より速く走れてうれしかった。将来は水泳でパラリンピックを目指したい」と夢を語った。

 スポーツ義足は1本当たり数十万円と高価で、義肢装具士がいないと装着するのも難しい。遠藤さんは「義足…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです