メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

多様性と調和/9止 男女平等へ不屈の柔道 元アルジェリア選手、原理主義に抗し

自らの半生をつづった著書を手に、東京五輪への期待を語るサリマ・スアクリさん=東京都内で2019年8月26日午後1時9分、田原和宏撮影

 北アフリカのアルジェリアは1990年代、政府軍とイスラム原理主義勢力との内戦で約15万人の命が失われた。母国が差別と憎悪の連鎖に苦しむ中、サリマ・スアクリさん(44)はアルジェリア代表として、女子柔道が初採用された92年バルセロナから4大会連続で五輪に出場。内戦で最愛の家族を奪われ、イスラム圏の女子選手として偏見と闘った日々が、スポーツや教育を通じて男女平等の大切さを訴える原点だ。

 国際柔道連盟(IJF)が8月、東京都内で開催した男女平等を考える会合。来日したスアクリさんは半生を…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです