メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

宮崎 平和台公園 若き力たち、誇り胸に

平和の塔に設けられた聖火台に向かう聖火ランナー=宮崎市の平和台公園で1964年9月9日撮影

 晴れ渡った空をジェット機の編隊が飛び、ファンファーレが鳴り響いた。1964年9月10日、宮崎市の平和台公園であった聖火出発式典。当時の黒木博知事が「東京大会の成功を祈る」と出発を宣言すると、第1走者の高校2年、村田広光さん(故人)が駆け出した。

 沖縄から本土に空輸された聖火は三つに分けられ、東京までをリレー。本土の3起点の一つに選ばれた宮崎では聖火が着いた同…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです