メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内紛続きのテコンドー日本協会 乏しい自浄力、五輪に正常化間に合う?

 全日本テコンドー協会が内紛で揺れている。指導体制や強化方針を巡り、選手が不信を強めて合宿参加を辞退。現執行部に批判的な理事2人が総辞職を訴えて辞意を表明した。国は実態解明を求め、日本オリンピック委員会(JOC)が調査に乗り出している。スポーツ界は近年、不祥事が相次いでおり、世界の目が向く東京五輪まで1年を切っても騒動は収まらない。【倉沢仁志、田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り2257文字(全文2435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです