メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

大分・別府 温泉街埋めた人、人、人

楠港(当時)に到着し、人波の中を進む聖火=大分県別府市で1964年9月12日、本社ヘリ「かもめ号」から撮影

 宮崎県から宗太郎峠を経て大分県に入った聖火は1964年9月12日、海を越えて四国に渡るため、海岸沿いの国道10号を別府市へと向かっていた。

 四国に向かう船が待つ港の桟橋近くで聖火を待った別府温泉宣伝協会代表の平野芳弘さん(68)は「建物の屋根の上まで人、人、人。(聖火は)白い煙しか見えなかったけど、船が出航するまで見送った」と振り返る。

 当時、旅館が並んでいた国道10号沿いはビルが建ち並び、風景は様変わりした。隣接する大分市がラグビー…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです