メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む 飛び込み・玉井陸斗の「東京・わたし」

東京五輪への思いについて語る玉井=兵庫県宝塚市で、村上正撮影

13歳「憧れ」追い大飛躍

 来年の東京五輪に向け、飛び込み界に期待の「超新星」が現れた。兵庫県宝塚市の中学1年、玉井陸斗(13)=JSS宝塚=だ。初出場した4月の日本室内選手権男子高飛び込みで史上最年少優勝を果たして脚光を浴び、9月の日本選手権でも最年少優勝した。13歳10カ月で迎える東京五輪に出場すれば、記録が残る限りで日本男子最年少出場とされる1932年ロサンゼルス五輪競泳男子金メダルの北村久寿雄(14歳10カ月)を更新する。飛躍の要因や五輪に懸ける思いについて聞いた。【聞き手・村上正】

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです