メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪マラソン、競歩の札幌開催検討 IOC発表 小池知事「唐突」

東京五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)男子で、37キロ付近で先頭を走っていた設楽悠太(手前左)に追いつく優勝の中村匠吾(右から2人目)ら=東京都内で2019年9月15日午前10時47分(代表撮影)

[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、2020年東京五輪の暑さ対策でマラソンと競歩の会場を東京から札幌に移す代替案を検討していると発表した。大会中の気温が東京よりも5~6度低いことなどを理由に挙げており、IOCのトーマス・バッハ会長は「選手の健康は我々の最大の関心事。新たな提案はいかに深刻に懸念しているかの表れ」とコメントした。

 東京五輪のマラソンは女子が8月2日、男子が最終日の8月9日に行われる。招致段階では午前7時半にスタート予定だったが、大会組織委員会はIOCとの協議を経て午前6時に開始することを決定。競歩も男子50キロを午前5時半、20キロは男女とも午前6時開始に変更するなど対策していた。組織委は「選手の健康は組織委にとっても最重要事項。(30日から東京都内で始まる)IOC調整委員会で東京都とも連携し、議論する」とコメントした。

 一方、東京都の小池百合子知事は「唐突な形での発表。このような進め方は、多くの課題を残す。都民をはじめ、多くの関係者に対する十分な説明を求める」などと談話を発表した。IOCは既に国際陸上競技連盟にも通知しており、セバスチャン・コー会長は「IOCや組織委などと協力し、ベストなコースを作りたい」としている。

 マラソンの暑さ対策を巡っては、今秋の世界選手権(ドーハ)でマラソンと競歩を異例の深夜スタートで実施。気温30度超、湿度70%以上の過酷な条件となった女子マラソンでは、出場者のうち過去最多の4割超が途中棄権し、改めて東京五輪での暑さ対策の重要性が高まっていた。【田原和宏、竹内良和】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです