メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

東京五輪・パラリンピックのカヌーのテスト大会で、観客席に降らせた暑さ対策の人工雪を浴びる人たち=東京都江東区で2019年9月13日午前10時12分、佐々木順一撮影

 暑さを避けるため、東京から札幌へ――。国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に変更する検討に入ったと発表した16日夜、関係者には衝撃が走り、対応に追われた。

 組織委幹部は「寝耳に水。今日の朝から急にいろんな日程が変わり、ばたばたしていた」と困惑。大会関係者も「コースを考えたり、ボランティアを集めたり今からできるのか」と話した。

 地元の札幌市でも驚きの声が上がった。札幌市スポーツ局国際大会担当部の吉田満部長によると、発表内容を…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです