メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪マラソン内定 祝・中村匠吾選手 伊賀白鳳高に横断幕 後輩ら、都大路へ闘志 伊賀 /三重

フェンスに中村匠吾選手を応援する横断幕を取り付ける生徒ら=三重県伊賀市の伊賀白鳳高で、大西康裕撮影

 来年の東京オリンピック男子マラソンで日本代表に内定した中村匠吾選手を応援する横断幕が16日、後輩の県立伊賀白鳳高校(伊賀市緑ケ丘西町)の陸上競技部長距離選手の手で同校フェンスに設置された。横断幕を五輪のマラソン当日、東京で掲げて応援する計画もあるという。

 中村選手は同校の前身の一つ、旧上野工高卒。当時の町野英二・陸上競技部監督(2012年に死去)の指導を受け、高校駅伝などで活躍した。

 伊賀白鳳高同窓会が寄付した横断幕は横約4メートル、縦90センチの2枚。いずれも赤地に金色で「祝」の…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです