メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルガリア・パフェ人気 東京五輪ホストタウンの縁 県産フルーツと共演、岡山市内12店舗で /岡山

パティスリースゥサロンドテの「ヨーグルトとバラのブルガリア・パフェ」=岡山市北区問屋町で、林田奈々撮影

 来年の東京五輪・パラリンピックでブルガリア共和国のホストタウンを務める岡山市内の洋菓子店で、「ブルガリア・パフェ」なるものが人気を集めている。スイーツを通して同国に親しみを感じてもらおうと、県産フルーツとブルガリアにまつわる要素を組み合わせて開発されたもので、今月末まで市内12店舗で味わえる。【林田奈々】

 「ブルガリアをイメージできるパフェを作れませんか?」。岡山市スポーツ振興課の呼びかけで、企画は始ま…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです