メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌歓迎「選手に快適な状態を」 東京困惑「応援の気持ち冷める」マラソン会場変更

イチョウ並木を一斉にスタートする男子選手たち=東京都新宿区で2019年9月15日、梅村直承撮影

 2020年東京五輪のマラソンと競歩を札幌開催に変更することについて、地元では歓迎や戸惑いが広がった。

 1987年から毎年夏にフルマラソン(北海道マラソン)を開く札幌市。北海道陸上競技協会の橋本秀樹専務理事は歓迎の一方、「準備期間がない中、どこまで選手に快適な状態を作れるか。北海道マラソンとはまるで違う態勢が必要になる」と不安を漏らした。

 札幌の繁華街すすきのの近くにあり、外国人客が数多く訪れる札幌狸小路商店街振興組合の島口義弘理事長は…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです