メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌歓迎「選手に快適な状態を」 東京困惑「応援の気持ち冷める」マラソン会場変更

イチョウ並木を一斉にスタートする男子選手たち=東京都新宿区で2019年9月15日、梅村直承撮影

 2020年東京五輪のマラソンと競歩を札幌開催に変更することについて、地元では歓迎や戸惑いが広がった。

 1987年から毎年夏にフルマラソン(北海道マラソン)を開く札幌市。北海道陸上競技協会の橋本秀樹専務理事は歓迎の一方、「準備期間がない中、どこまで選手に快適な状態を作れるか。北海道マラソンとはまるで違う態勢が必要になる」と不安を漏らした。

 札幌の繁華街すすきのの近くにあり、外国人客が数多く訪れる札幌狸小路商店街振興組合の島口義弘理事長は…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. スピードスケートW杯第4戦 女子団体追い抜き、高木美・高木菜・佐藤が今季初勝利

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです