メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

世界陸上女子20キロ競歩でフィニッシュ後に苦しそうな表情を見せる選手=カタール・ドーハで2019年9月30日、久保玲撮影

 東京五輪の猛暑対策でマラソンと競歩の会場を札幌市に移す案を国際オリンピック委員会(IOC)が発表したことを受け、大会組織委員会の森喜朗会長は17日、東京都内で取材に応じ、「やむをえない」と受け入れる考えを示した。会場変更は確実な情勢で、組織委とIOCが30日から3日間、東京都内で開く調整委員会で正式合意される。開幕まで300日を切っての変更は見通しの甘さを露呈した格好で、準備のやり直しに伴う大会開催費の膨張が懸念される。本番コースを想定して練習してきた選手たちからも不平が漏れる。

この記事は有料記事です。

残り2983文字(全文3226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. ヤフーとラインが「経営統合の検討」発表

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです