メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サーフィンアジア王者・村上舜が首位通過!東京期待の22歳切れ切れターン(スポニチ)

[PR]

サーフィン ホワイトバッファロー日向プロ 第1日(2019年10月16日 宮崎県日向市・お倉ケ浜海岸)

 男子QS(予選シリーズ)1000の2回戦までが行われ、今年9月のワールドゲームズ(WG)でアジア最上位に入り東京五輪への条件付き出場権を獲得した村上舜(22)が15・66点で3組を首位通過した。弟の蓮(21)も12・00点で同組を2位通過し、兄弟そろって17日の3回戦に駒を進めた。

     WGでアジアの頂点に立った男は格が違った。スピードと力強さを武器に他の選手を圧倒。最後に乗った9本目では、切れ味の鋭い7つのターンを織り交ぜたロングライディングでエクセレント(8点以上)を叩き出した。「このビーチは得意な方。技自体はクオリティーがよく、セクション(技を仕掛けるタイミング)が出てくる波に乗れたからよかった」と振り返った。

     前半は波選びで苦戦し、一時は4位まで沈んだ弟・蓮に対し、「こっちの方がいい波来るよ」と試合中にアドバイス。弟が後半に巻き返し、兄弟でのワン・ツーを決めた。「2人で勝てたらいいなと思っていたから、勝ててよかった。弟も決めるところはちゃんと決められたと思う」と、2人分の勝利を喜んだ。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

    3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

    4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです