メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「銅以上」求めた羽根田、変化恐れずスピード強化 カヌー五輪代表決定

男子カナディアンシングルで3位になった羽根田卓也=東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで2019年10月20日、大西岳彦撮影

[PR]

 カヌー・スラロームの東京五輪日本代表最終選考会を兼ねたNHK杯国際スラローム大会は20日、五輪会場となる東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで行われ、男子カナディアンシングルはリオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田卓也(ミキハウス)が3位となり、4大会連続の五輪代表を決めた。

 自らのレースを終えて「暫定1位」のアナウンスが響くと、32歳の第一人者は右拳を握り締めた。「ふてくされた顔をするのもどうかなと思ったから」と冗談めかしつつも、「東京五輪に向けて大きなステップになった」と手応えを口にした。最後は強豪国のスロベニア選手2人に抜かれたが、表彰台の座はきっちり守り抜いた。

 リオデジャネイロ五輪で日本カヌー界初のメダルを獲得したが、「現状維持は後退」と自らに言い聞かせて試行錯誤を繰り返してきた。課題であるスピード強化を図るためにパドルの長さを数センチ伸ばしたり、座る位置を細かく変えたりして、変化を恐れなかった。その代償としてワールドカップの表彰台や世界選手権のファイナルから遠ざかる時期が続いたが、それでも信念を貫き、艇をこぎ続けた。

 世界のコースは水のうねりや流れが複雑でより高い技術力やフィジカルの強さが求められる傾向にあり、羽根田の強みは生きてくる。今回のコースは五輪本番。7月の完成披露後、機会があるたびに練習してきた。「カヌーは地の利が生きる競技。一つ一つの流れを知ることがタイムの伸びにつながる」と強調する。

 「皆さんが求めているのはリオ五輪以上の成績。それに応えるのが自分の仕事」。4回目の大舞台に向けて期待は高まるばかりだ。【田原和宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです