メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラ機に共生社会 ホストタウン集い確認 飯塚市 /福岡

サミットに参加した橋本聖子五輪担当相(前列右から4人目)や首長ら

 2020年東京パラリンピックを契機に障壁のないまちを目指す「共生社会ホストタウンサミット」が20日、飯塚市内のホテルで開かれた。海外の選手と交流する全国30のタウン登録自治体が参加。講演とパネルディスカッションで共生社会実現へ「排除せず、誰もが訪れやすい街づくり」を確認した。

 サミット開催は2月の山口県宇部市に続き2回目。県内か…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特攻兵器「回天」の記憶を、父の遺志受け米国で語り継ぐ マイケル・メアさん追悼式参列

  2. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  3. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです