メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「応援で参加して」 車いす陸上パラ選手・松永さん、岡山で講演 /岡山

パラリンピックでの経験を話す松永仁志選手=岡山市北区で、益川量平撮影

 車いす陸上でパラリンピックに3大会連続で出場した松永仁志選手(47)=岡山市中区=が23日、ほっとプラザ大供(同市北区大供2)で講演し、「1番になれない人もいる。それでも本気で(競技に)向き合ったからこそ見える光景がある」と語った。

 東京五輪・パラリンピックの開催に向け、スポーツの素晴らしさや頑張ることの大切さを学ぶ機会を作ろうと、岡山市が主催。市内の小学校の校長ら約90人がパラリンピアンの体験談に聴き入った。

 松永選手は堺市出身。中学2年の時に岡山市に移り、東岡山工高では陸上部に所属。400メートルや棒高跳…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです