メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

東京五輪マラソン会場変更 札幌案、都知事と会談へ IOC調整委員長、打開探る

 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長が25日、東京都庁で小池百合子知事と面会し、2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に移す案に理解を求めることが明らかになった。事務レベル協議で都側が激しく反発し、開催都市トップとの直接会談で打開策を探るとみられる。

 関係者によると、IOCは21日以降、テレビ会議などで東京都の担当者と協議を進めたが、都側はメイン種目となるマラソンと競歩の開催地変更は困難とし、変更で生じる経…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです