メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪マラソン開催地 IOC「札幌、決定事項」 小池知事「東京で、気持ち変わらぬ」

訪問したIOC調整委員会のジョン・コーツ委員長(右)、アレックス・ギラディ副委員長(左)と記念撮影に応じる東京都の小池百合子知事(中央)=東京都庁で25日、宮間俊樹撮影

 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は25日、東京都庁で小池百合子知事と会談し、2020年東京五輪のマラソンと競歩を札幌市に変更する理由を説明した。会談後、コーツ氏は「IOC理事会の決定事項。東京に戻ることはない」と明言した。小池知事は「東京で行う気持ちに変わりはない」と述べ、30日からの調整委員会で議論する考えを強調した。【田原和宏、内田幸一】

 コーツ氏は、9月末から中東カタールの首都ドーハで開かれた陸上の世界選手権で、昼間の猛暑を避けて深夜…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです