メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競歩 全日本50キロ高畠大会 川野、日本新で五輪切符

全日本50キロ競歩高畠大会を日本新記録で制してガッツポーズする川野

 来年の東京五輪代表選考会を兼ねた全日本50キロ競歩高畠大会が27日、山形県高畠町で行われ、川野将虎(まさとら)=東洋大=が3時間36分45秒の日本新記録で初優勝し、日本陸上競技連盟が定めた条件を満たして東京五輪代表に決まった。従来の日本記録は今年4月の日本選手権で鈴木雄介(富士通)が出した3時間39分7秒で2分22秒更新した。

 丸尾知司(愛知製鋼)が3時間37分39秒で2位。代表枠は3で、9~10月に行われた世界選手権(ドー…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです