メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

山口・周南 「映え」る、戦後復興の証し

徳山コンビナートを背に走る聖火隊=山口県徳山市(現周南市)で1964年9月19日、本社機「オリオン号」から撮影

 沖縄をスタートし、九州各地を駆けた聖火は1964年9月18日、関門海峡を渡り、本州の山口県に入った。

 翌19日には、旧海軍徳山燃料廠(しょう)を抱えた軍都から、石油化学コンビナートを中核にした工業都市へと変貌しつつあった徳山市(現周南市)に到達した。徳山高3年だった明石英利さん(72)は聖火を掲げて約1キロを疾走。「声援が湧き、スターのような気分でした」

 徳山市史によると、燃料廠は45年5月の空襲で500人以上が犠牲に。壊滅した跡地は戦後、出光興産に払…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです