メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首里城を聖火リレールートから変えず 五輪組織委・森会長

森喜朗氏

[PR]

 東京五輪の聖火リレールートに入る那覇市の首里城が火災に見舞われたことを受け、大会組織委員会の森喜朗会長は31日、東京都内で報道陣に「沖縄の皆さんがお考えになることだが、そこ(首里城)でやった方がいい」と話し、ルートを変えない見解を示した。

 首里城では来年5月2日に聖火リレーが行われる計画。森氏は今年4月に焼損したパリ中心部のノートルダム大聖堂が再建に向けて寄付を集めたことに触れ「沖縄の長い歴史で象徴的なもの。全国から募金を集めたらどうか」と提案した。

 首里城は森氏が首相だった2000年7月の九州・沖縄サミットで夕食会の会場となった。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです