メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2世対決は斉藤 小川に反則勝ち 柔道講道館杯男子100キロ超級

 柔道の講道館杯全日本体重別選手権は最終日の3日、千葉市の千葉ポートアリーナで男女の残り7階級が行われた。男子100キロ超級の敗者復活戦で、95キロ超級で五輪2連覇した故斉藤仁さんの次男の立(たつる)=東京・国士舘高=と1992年バルセロナ五輪で同級銀メダルの小川直也さんの長男の雄勢(パーク24)の2世対決が実現した。終始、攻め続けた斉藤が反則勝ちで小川を降した。

 ともに190センチで130キロを超える恵まれた体格を誇り、17歳の斉藤と23歳の小川のホープ同士の…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです