メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初出場GMO 5位でニューイヤー駅伝切符 青学大OB並べ「チームのために」

3区を力走するGMOアスリーツの橋本=埼玉県行田市で2019年11月3日、滝川大貴撮影

 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、来年元日・群馬県)の予選会を兼ねた第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会(毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に至る7区間76・9キロのコースで27チーム(うち1チームはオープン参加)が出場して行われた。初出場のGMOアスリーツは3時間43分58秒の5位に入り、全日本大会出場を決めた。

 創部4年目で実業団駅伝デビューを果たしたGMOアスリーツが5位でニューイヤー駅伝の切符をつかんだ。…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです