メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道“2世対決”斉藤立が小川雄勢降す「勝てるとは思っていなかった」(スポニチ)

[PR]

柔道・講道館杯最終日(2019年11月3日 千葉ポートアリーナ)

 男女7階級が行われ、男子100キロ超級敗者復活戦で五輪2大会連続金メダルの故斉藤仁さんの次男・立(たつる、17=国士舘高)と92年バルセロナ五輪銀メダルの小川直也さんの長男・雄勢(23=パーク24)が激突。斉藤が小川に反則で勝利した。同90キロ級は村尾三四郎(19=東海大)、同100キロ級は羽賀龍之介(28=旭化成)、女子48キロ級は角田夏実(27=了徳寺大職)が優勝した。

 初顔合わせとなった2世対決は、斉藤が前に出る展開で小川を防戦一方に追い込み、反則で勝利した。斉藤は「自分は高校生だし年下。勝てるとは思っていなかった」と振り返った。それでも「結局、勝ち切れなかった。内容もあんまり…」と反省した。一方、黒星を喫した小川は「高校生だから手を抜いたわけではない。強かった」とがっくり。父・直也さんに「高校生を投げられなかったお前が悪い」と厳しい指摘を受けたことも明かした。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです