メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

スポーツ、社会の扉開く パラ発祥、英ストーク・マンデビルの精神

障害があってもなくても

 パラリンピックの東京開催が決まって以降、日本の大会関係者が障害者スポーツの普及のノウハウを学ぼうと相次いで視察に訪れる町がイギリスにある。「パラリンピック発祥の地」で今も英国を代表するパラスポーツの発信地、ストーク・マンデビル。パラリンピック取材を担当する私も先進地の取り組みを知りたいと9月にこの町を訪ねた。【五十嵐朋子】

 ロンドン中心部から電車で約1時間、ストーク・マンデビルは英南部バッキンガムシャー州にある人口460…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです