メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松元、1500Vから10分後の200でも快泳 五輪想定「きつくてもタイムを出せるように」

男子200メートル自由形を制した松元(右)=静岡県富士水泳場で2019年11月9日、村上正撮影

 競泳の日本社会人選手権が9日、静岡県富士水泳場で開幕し、松元克央(セントラルスポーツ)が男子自由形の200メートルを1分46秒51、1500メートルを15分31秒90のいずれも大会新で優勝した。

      ◇

 10分前に1500メートルを泳ぎ切ったとは思えないスピードだった。7月の世界選手権銀メダルの松元が男子200メートル自由形で自身の日本記録に終盤まで迫った。「練習では味わえないきつさ。最後まで諦めずに泳ぎ切…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです