メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有森裕子さん「札幌成功のために、みんなで知恵を」マラソン会場変更

女子マラソンメダリストの有森裕子さん=本人提供

 「急転直下」とはまさにこのことだろう。国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪のマラソン・競歩の会場を札幌市に変更することを決定した。東京都の小池百合子知事が「合意なき決定だ」と恨み節を述べるなど、不平はまだ渦巻いているようだ。そんななか、元五輪マラソンメダリストの有森裕子さん(52)は「札幌での開催を成功させるために、みんなで知恵を出し合うべきです」と訴える。その真意を尋ねた。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2009文字(全文2221文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです