メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

アクセシビリティーチェック 鳥取県・鳥取市編 交通案内、障害にも ホストタウン、課題が山積

商店街を歩きながら白杖で路面を調べる福留史朗さん。点字ブロックとタイルが同じ黄色で判別しにくい=鳥取市栄町で

 2020年東京パラリンピックに向け、試合会場や周辺地域などのアクセシビリティー(利用しやすさ)を点検する企画「アクセシビリティーチェック」。第3回のテーマは「ホストタウン」。ジャマイカ代表の事前キャンプ地で、政府の「共生社会ホストタウン」に登録された鳥取県・鳥取市を訪ねた。【芳賀竜也】

 今回の視察は、鳥取県障がい者スポーツ協会会長の福留史朗さん(62)から「東京だけではなく、ホストタウンのある地方のアクセシビリティーもチェックしてほしい」と依頼されたことが、きっかけとなった。

 福留さんは男子マラソン(視覚障害)で2000年シドニー、04年アテネとパラリンピック2大会に出場。…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです