メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GK大迫 2人で誓った「兄弟で日本一」 五輪イヤーに夢追いかけて

【浦和-広島】前半、ゴールキックを蹴る広島のGK大迫敬介=埼玉スタジアムで2019年5月26日、宮武祐希撮影

[PR]

 東京五輪世代となるサッカー男子U22(22歳以下)日本代表は17日、五輪世代としては国内初試合をエディオンスタジアム広島でコロンビアU22代表と対戦する。A代表出場経験もあり、J1広島で正GKとして活躍する大迫敬介(20)にとって本拠地での代表戦は「特別な思いがある」。東京五輪への選考レースが激しさを増す中、スポーツトレーナーの兄絢一郎さん(22)と誓った「兄弟での日本一」を胸に試合に挑む。【丹下友紀子】

大迫絢一郎さん=2019年11月3日午後3時6分、丹下友紀子撮影

 鹿児島県出水市出身の大迫は、兄とともに小学1年でサッカーを始めた。すぐさま「プロになる」と公言し、ノートに目標を書き込んだり、自宅のテレビを占領して自らのプレー映像を何度も見返したり。中学では年代別日本代表から声がかかり、高校入学時には複数のJクラブから勧誘された。

 一方の絢一郎さんもサッカーを続けてはいたが、高校3年の練習中に右肘脱臼骨折や靱帯(じんたい)損傷などの大けがをし、考え方が変わった。「敬介はどんどんはい上がっていくのに、自分には何の目的もない。何をしよるんやろか……」。入院中のベッドで背けてきた現実に目を向けた。

 「日本を背負ってやろう。日本一の兄弟になろう」と、病院を訪ねてきた大迫と約束を交わした絢一郎さん。プロを目指して広島の下部組織に加入した大迫に対し、退院後の絢一郎さんはアスレチックトレーナーを目指して専門学校に進むことを決めた。大迫は15歳、絢一郎さんは18歳の春にそろって鹿児島を飛び出した。

 絢一郎さんは2年間勉強に明け暮れ、2017年に合格率10%という難関のアスレチックトレーナーの資格を取得。ちょうど同じ年、大迫も高校3年で広島とプロ契約を結び、幼い時からの夢を実現させた。

 今年5月、大迫はプロ契約から3年目にデビューを果たしたプロ選手として、絢一郎さんは前座試合のフェリシドフットボールクラブのトレーナーとして、広島の本拠地・エディオンスタジアム広島のピッチの上で“再会”した。

プロ選手、トレーナーとして試合会場で再会した大迫敬介(右)と兄の絢一郎さん=絢一郎さん提供

 来年の20年、2人は大きな転機を迎える。大迫は「東京五輪に絶対出たいと思ってきた」と力を込める。絢一郎さんは看護師資格が取得できる来春から、筑波大付属病院(茨城)でスポーツナースとして働くことが決まっている。兄弟が追い求める夢はそれぞれだが、「いつか2人で同じピッチに立ちたい」。その思いは、ともにサッカー少年だった時と変わっていない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです