メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

五輪とその時代 1976年モントリオール 白い妖精、世界魅了

開会式でカナダの元首エリザベス女王が、フランス語と英語でオリンピックの開会を宣言した

 第21回モントリオール大会は、92カ国・地域から6000人を超える選手が参加し、1976(昭和51)年7月17日から8月1日まで開かれた。開会式では、カナダの元首である英国のエリザベス女王が開会宣言をした。

 日本からは213人の選手が19競技に出場し、金9、銀6、銅10の計25個のメダルを獲得した。

 日本の体操男子は団体総合で五輪5連覇を果たし、個人種目別の平行棒で加藤沢男、鉄棒で塚原光男の各選手…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです