メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

高知・室戸岬 過疎の街に再び活気を

室戸岬突端を走る聖火リレー=1964年9月17日

 1964年9月16日、高知県室戸市に届いた聖火は市内の体育館でその夜を明かした。翌日朝、徳島県境を目指して海岸沿いのコースを進んだ。

 最初の走者を務めた白石岩海(いわみ)さん(73)は鉄工所で働いていた。陸上競技の経験者だったが、任された大役に「緊張してカチカチになっていた」。無我夢中で走ったが、人々が沿道にぎっしりと並んでいたことは鮮明に記憶…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです