メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

香川・直島 離島からも国旗振り

瀬戸内海に浮かぶ直島の岬を埋めた人たちに見送られ、岡山県に向かって進む聖火輸送船「こんぴら丸」=香川県直島町で1964年9月21日、本社機から

 1964年9月20日、聖火は徳島県境から香川県の引田町(現東かがわ市)に入り、海沿いを西に向かった。

 翌21日朝、高松市役所から高松港までの最終区間1・1キロで走者を務めたのは、県立丸亀高2年だった大前宏一さん(72)。陸上部で国体に出場した経験があり、「ゆっくり走る練習はしたことがなくて参った。先導する白バイがエンストするハプニングもあった…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです