メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝から見る東京五輪マラソン代表ラスト1枠の行方

MGC3位でクイーンズ駅伝でも6区で区間2位と好走した天満屋の小原怜=仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台で2019年11月24日、和田大典撮影

 宮城県を舞台に24日に行われた全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)には、2020年東京五輪マラソン代表を狙う有力選手が数多く出場した。残り1枚の五輪切符獲得には、冬のマラソンでの好記録が求められる。スピードを磨いて競り合いでの勝負勘も養える駅伝は、格好のテスト。マラソンへ弾みをつける「合格点」の評価を得た選手とは?【小林悠太】

 東京五輪のマラソン代表は3人。9月15日に有力選手が集結して行われた代表選考会「マラソングランドチ…

この記事は有料記事です。

残り2337文字(全文2559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです