メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子の森ひかる初日3位 男子岸は予選敗退 トランポリン世界選手権

トランポリン女子個人予選で第2自由演技を終えて観客の声援に応える佐竹玲奈=東京・有明体操競技場で2019年11月28日、宮間俊樹撮影

[PR]

 東京五輪の予選となるトランポリンの世界選手権は28日、五輪のテスト大会を兼ねて、新設の東京・有明体操競技場で開幕した。個人予選の女子で森ひかる(金沢学院大ク)が105・065点で3位となり、5位の土井畑知里(三菱電機)、6位の佐竹玲奈(アポロメディカル)とともに上位24人による30日の準決勝に進んだ。

トランポリン男子個人予選で海野大透の第2自由演技=東京・有明体操競技場で2019年11月28日、宮間俊樹撮影

 準決勝には各国・地域最大3人までしか進めないため、宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)は7位で予選敗退となった。

 男子は堺亮介(星稜ク)が110・760点で12位となり、14位の海野大透(静岡産大ク)、16位の上山容弘(ベンチャーバンク)とともに通過した。エース格の岸大貴(ポピンズ)は演技を中断し、予選敗退した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです