メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘッドホンをしてゴールボールのコートの音を聞く観客。手前のモニターでは音を可視化している=千葉市の幕張メッセで

 来年の東京パラリンピックを前に、パラスポーツに詳しくない人にも楽しく観戦してもらうための取り組みが進んでいる。ルールや選手の様子が分からない人向けに、最先端機器を使った競技の疑似体験やラジオの実況中継で魅力を感じてもらい、リピーターになる人を増やそうとしている。

 ●選手と同じ感覚に

 「静寂の戦い」と呼ばれるパラ種目のゴールボール。視覚障害がある選手が目隠しをして3人1チームで鈴が入ったボールを転がし、相手のゴールを狙う。選手はボールや相手の動きの音を頼りに戦うため、試合中は「お静かに!」と書かれた札が上がり、観客が静かに見つめる。

 9月末、千葉市で開かれたゴールボールの国際大会の観客席では、大型モニターを前にヘッドホンをして観戦…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです